農園女将のブログ

2022年初詣

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園、農園女将の原沢です。

去年は行くことが出来なかった初詣に今年は行くことが出来ました。

1月に入って随分と日にちが経っていたし、夕方だったのでほとんど人に会うことなくお参りすることが出来ました。

初めてこちらの神社にはお参りに行ったのですが、階段に圧倒されました。

昔からある神社なんですね。

かなり上って下を見るとこんな感じで、遠くがよく見えました。

お社はとてもきらびやかで美しかったです。

今年一年の幸せを祈って、おみくじを引きお守りを買って帰りました。

桜の季節は美しいんだろうなぁと春の暖かい日差しを想像してきました。

登山は鎖を使って上るところもあるようで、何の経験もなくこの山に登るのは難しそうでした。

道の駅の建物も妙義山のごつごつした形をモチーフにしてあり、山のごつごつした様子と

合っていて良かったです。

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

TNしありー’S~寄せ植え&スワッグ研修

こんばんは。群馬県みなかみ町の観光りんご園「一作農園」農園女将の原沢です。

もう昨年の事になってしまいましたが、12月の終わりにTNしありー’Sの研修に参加しました。

こちらの研修は毎年恒例になっている星野学先生によるお花の講習です。

今回は、寄せ植えとスワッグ作りから選んでの参加です。

寒い季節ですが、色とりどりのお花が並びました。

でも、今回はスワッグに挑戦です。

葉っぱなどに実があるものも加えて作っていくようです。

スワッグ作りは初めてなのでどうすればいいのか、真剣に聞きました。

真剣に見て、聞いていたのですが、自分でやると全然うまくいきません。

結局、先生にまとめてもらって素敵な作品になりました。

寄せ植えはクリスマスやお正月に飾るのにぴったりで素敵な作品が出来ていました。

こちらが私の作品です。

生の状態でしばらく楽しみ、ドライになってからもそのまま楽しめるという事です。

それにしてもとても難しかったです。

このスワッグ、りんごの剪定枝でも出来るという事なので、今度はそちらもやってみたいです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

明けましておめでとうございます

群馬県みなかみ町の観光りんご園、一作農園の農園女将の原沢です。

皆様、あけましておめでとうございます。

新年は雪が舞う寒い朝となりました。

天気は徐々に回復し、初日の出を見ることが出来ました。

まぶしい太陽の光を、ありがたく見つめました。

太陽が見え始めた頃、除雪車もやってきました。

一回に積もる量はそんなに多くありませんが、今シーズンは完全に解ける前にまた雪が降り、

白い世界が広がっています。

ついこの間までりんごがなっていたのに、今は木の上に雪が積もり寂しい光景です。

ここからだとりんご畑がよく見渡せます。

昨年は凍霜害や長雨、日照不足等、りんご栽培にとって厳しい一年となりましたが、

今年は良い年となるといいです。

美味しいりんごを作って、食べた人みんなを笑顔にしたい。

幸せの発信基地、そんな場所を目指しています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

伊賀野の花畑

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園、農園女将の原沢です。

11月に入りましたが、寒かったり暑かったりと気候が定まりません。

体調を崩されていませんか?

私はりんごパワーで元気に過ごしています。

先日、朝早くに以前から気になっていた伊賀野の花畑に行ってきました。

車で10分もかからない所ですが、これまで行ったことがありませんでした。

真っ赤なコキアを思い描いていったら、すでに時期が終わっていて茶色になったコキアが出迎えてくれました。

かなり残念でしたが、朝早いのに暖かく、散策することにしました。

コキアの見ごろは終わっていましたが、色とりどりの菊が美しかったです。

きれいに管理されている花畑でした。

少し赤いコキアがあって、これがみんな真っ赤だったらとてもきれいなんだろうと想像しました。

来年は良い時期に行きたいと思います。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

おぜの紅

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園 農園女将の原沢です。

本日は高崎経済大学の学生さんが6次産業化について話を聞きに来てくださいました。

他県での取り組み等と合わせて、これからまとめていかれるという事です。

どのような研究結果になるのか楽しみです。

群馬生まれの品種である「おぜの紅」が美味しい時期となりました。

併せて「つがる」「さんさ」も収穫できます。

袋詰めにしたり、一つ一つおしゃれしてみたり。

色々な形で販売しております。

今年初めてのりんご狩りのお客様がいらっしゃいました。

朝降っていた雨も上がって、少し晴れ間もあったので良かったです。

今年は新しくなった売店でお客様をお迎えすることが出来ます。

これから出す案内状を持ってきてくださったお客様にはプレゼントもご用意しております。

案内状はまもなく発送予定です。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

りんごの様子

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園、農園女将の原沢です。

暑い暑い日が続いていましたが、急に寒くなりました。

天気の良い日には赤くなってきたりんごと青空がとてもきれいです。

おぜの紅が初めに収穫できるのですが、今年は少し収穫が早くなりそうです。

すでにハチが食べています。

葉っぱがかぶさっている所は、赤くならず白いままです。

全体が赤くなるように葉っぱを摘んでいるのですが、まだ終わりません。

この先雨が続くようなので、作業が出来ず困ります。

!

早くお日様が戻ってきますように!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

辛子切りデビュー

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園、農園女将の原沢です。

残暑が厳しいですが、皆様体調を崩されていませんか。

この暑さの中でも唐辛子はすくすくと大きくなっています。

すっかり大きくなった辛子は収穫時期を迎えました。

昨年まで切るのはりんごの作業でもお世話になっていたベテランさんがやってくれていました。

でもそのベテランさんも、去年で引退されてしまいました。

これは自分で切るしかないと、ついに辛子切りのデビューをしました。

上下ヤッケを着て、マスクにフェイスシールド。

ずっと切るところは見ていましたが、初めてのことで前日からイメージトレーニングをして臨みました。

準備に時間はかかりましたが、段々とコツがわかるようになりました。

天日で乾かすのが当園のやり方。

お天気が続ないのは本当に困ります。

どうにか晴れ間を見つけて、切っていこうと思います。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

久しぶりの青空

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園 農園女将の原沢です。

夕方になったらこんなに青空が広がっていました。

とても久しぶりの青空です。

雨が降っている間は気温も低く寒いくらいでしたが、日差しが出るとまだ8月だったんだという事が思い出されます。

雨の中でもりんごは色付いてきました。

これはさんさです。

来月には収穫となります。

こちらは紅鶴。

10月に入ってからのりんごなので、まだ青いです。

山の間から雲が湧き出てくる感じです。

こちらもきれいな光景でした。

明日は久しぶりのお天気を有意義に過ごしたいと思います。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

パイ専門店Serendipオープン

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園 農園女将の原沢です。

こちらは先日11日にオープンしたパイ専門店Serendipさんです。

高崎駅2階のイーサイト内にあります。

高崎いろはに納品に行った時に寄ってきました。

行った時には何人か並んでいるお客様もいらっしゃって、10分待ちの看板が出ていました。

その後には35分待ち、50分待ちと待ち時間が増えていきました。

オープンしたばかりなのにその人気ぶりがうかがえます。

とりあえず買ってすぐに車の中でサクッといただきました。

焼きたてのパイが味わえるなんて最高です。

ちなみに冷めてからもパイはサクサクでした。

パイの中には当園のりんごも入っています。

このような形でりんごが皆様のもとに届くのもうれしいです。

こちらはパイ用のりんごを納品に行った際にセレンディップの本店で食べたアップルパイ。

お店で食べてもテイクアウトでも美味しいものは笑顔になりますね。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

竹灯籠

こんばんは。群馬県みなかみ町の一作農園、農園女将の原沢です。

オリンピックの開会式の前日、全国で一斉に竹灯籠をともそうというイベントがあり、

猿ヶ京にある神明神社に明かりがともりました。

暗闇の中に浮かぶ美しい光。

子どもたちの七五三のお参りに来てから、何年経ったことでしょう。

今回も大作が輝いていました。

昼間に見る神社とは全く違っています。

他の明かりが届かない場所なので、竹灯籠の明かりが本当に美しく見えます。

神社に上る階段はなかなか急でした。

暗闇の階段も趣があります。

水面いっぱいのお花がとてもきれいでした。

この竹灯籠は明日29日までです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
アーカイブ
最近の記事
こちらもおすすめ